クレジット分割で3回払いもご用意しました!

統計的検証で稼げる事が証明された株の投資戦略を使い、全自動で資金を増やす衝撃的内容をお教えします!

論より証拠!
以下の動画、収益レポートをご覧ください。

まずは、以下の動画をご覧ください。
これは、デイトレード戦略(ストラテジー)を、事前に数理的、統計的検証を行い、良好な結果を“完全自動売買”で行い、利益を上げている動画です。

以下のレポートは、短期売買の戦略(ストラテジー)を繰り返し、長期間にわたって売買を行った結果のレポートです。

株の自動売買画像

今や、トレードや資産運用の場では、プログラム売買、人工知能の技術が当たり前になりつつある中、日本株の“自動売買”は、機関投資家や特定の運用者しかできませんでした。

しかし、今ではようやく誰でも日本株で“自動売買”が可能になったのです。

そこで僕たちは、あなたにも事前に数理的、統計的検証を行い、良好な結果が得られた売買ルールを採用し、“完全自動売買”を実行して、トレード時に抱く“ストレスを軽減”させるトレードを体験していただくために、日本でも他に類がない、日本株に特化した“自動売買プログラム教育”のスクールを立ち上げることにしました。

それが…

株の自動売買画像

この講座は、マネックス証券が提供している「トレードステーション」というシステムを使います。

トレードステーション画像

後ほど、詳しく説明しますが、「株の自動売買 12週間習得プログラム」で実現したいことは、“自動売買未経験者”でも、“高齢者”でも、この「トレードステーション」を使いこなしてもらい、他の個人投資家より有利なトレードを行っていただくことです。

あなたは以下の2つをクリアすることで、
他の投資家より“圧倒的に有利”
ステージに立つことができるでしょう。

  • プログラム売買が可能な「トレードステーション」を活用することで、売買するたびに発生する“ストレス”を軽減させ、感情的な売買を防ぐこと、そして自動化することで、他の個人投資家より、有利なエントリー、決済を行っていただきたい。
  • そしてなにより、巷に溢れている売買手法が、本当に長期的に利益を生んでいるのか?ということを、確認する術がなかったことが、この「トレードステーション」のバックテスト機能を使うことで、それが事前にわかってしまうこと。

そのために、
あなたがこの講座でやるべきことは・・・

  • 1収益性の高い“売買ルール”を考える上で、僕たちが何千回と行ってきた検証結果をもとに、その事例をあなたに紹介しますので、それらをヒントにあなただけの“売買ルール”を作り上げてもらうこと。
  • 2巷に溢れている売買手法を鵜呑みにせず、その“売買ルール”を事前に数理的、統計的に、本当に継続的に収益を上げ続けられるのかをちゃんと検証(バックテスト)を行ってもらうこと。
  • 3良好な結果が得られた“売買ルール”を、よりトレードにおける“ストレス”を防ぐため、自動売買を行うためのプログラミングを学ぶこと。

この3つがメインになります。

また、「トレードステーション」には、自動売買やバックテスト機能だけではなく、これまでなかった高度な「銘柄監視機能」、「銘柄スクリーニング機能」、「チャート分析機能」「フル板情報」などが搭載されていて、これらをどうやって売買に生かすかまで、講座の中でお伝えします。

  • ※「トレードステーション」を使うには、マネックス証券に口座開設が必要です。すでに口座を持っている方は、ソフトをダウンロードしていただければOKです。なおソフトはウィンドウズのみの対応で、Macでは動作しません。
  • ※僕たちは「トレードステーション」のすべての機能について把握しているものではありません。よって「トレードステーション」本体の利用方法については、「トレードステーション」のマニュアルを読んでいただくか、マネックス証券のカスタマーサポートにお問い合わせください。弊社では「トレードステーション」の使用方法についてのサポートは行いません。
  • ※よくある「儲かりそうな自動売買のシステム」を販売するものではありません。僕たちは、あなたが自動売買を成功させるために、数多くの検証結果から得た、投資戦略のアイデア、ノウハウ、プログラミング技術を提供するのであって、あくまでも銘柄選択や投資戦略を作るのはあなたです。

未経験者でも、高齢者でも
プログラミングができるのです!
その“証拠動画”を見てください!

ここまで読まれた方は、「プログラミングなんて、できないよ」と思われたことと思います。
しかし、その心配は一切不要です。

もちろん初めて使うソフトですから、最初は少し、とまどうこともあると思いますが、 12週間後には、普通に使いこなせるようになっているでしょう。

なぜなら、この「トレードステーション」には、始めからかなり多くのプログラムが内蔵されており、まずはそれらのプログラムを使いながらプログラミング知識をつけていけばOK!

徐々に、あなたオリジナルの売買ルールのプログラムを作れるようになります。

また、今回の講座では、僕たちが何千回と検証で得たプログラムの雛形を用意していますので、未経験者でも、高齢者でも、12週間後には、他の投資家より“圧倒的有利な立場”でトレードする環境が作れるはずです。

いやいや、無理でしょう・・・

そんな疑い深いあなたのために、以下の動画をご用意しました。

この動画で撮影しているのは、実際にあなたが受講する「会員サイト」ですが、
あなたが使いたいテクニカル指標を入力し、変数を入力するだけで、オリジナルのプログラムが生成されるよう作られています。

見ていただければ、どれだけ“カンタン”なのかがお分かりいただけると思います。

これが、未経験者でも高齢者でも、プログラミング技術が身に付けられるという証拠です。
普通にインターネットや、メールを使えるのなら、なんら難しいことはありません。

これほどまでカンタンにできるものを用意しているので、チャレンジしないという選択肢はないと思います。12週間でこれらのプログラム技術を習得すれば・・・

株式投資で、あなたが抱える“悩み”の
多くは“解決する”ことになるでしょう。

これから、あなたが抱える“悩み”と、その“解決策”について、お伝えしていきます。

あなたが抱える
“悩み”と、その“解決策”とは・・・

個人投資家が抱える“悩み”は千差万別です。
あなたが抱える代表的な“悩み”を、今回提案する「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加することで、どのように解決できるかをお話していきましょう。

会社勤めなので、
なかなか良いタイミングで売買ができない

悩み1
  • 「買おうと思っていた銘柄が仕事中に急騰している・・・」
  • 「昨日まで含み益があったのに、仕事が終わってみたら損になっている」

きっとあなたは、このような経験をされていることでしょう。

日本株の取引時間は、9:00~15:00までなので、あなたや多くの人は仕事中に取引が行われています。

なのでどうしてもこのようなことが起こりがちです。

いまではスマートフォンや、タブレット端末で株の取引ができる環境ではあるものの、やはり本業をおろそかにするわけにはいかないですよね。

そこで、あなたはこう思っているはず・・・

「なんとか、株取引でも自動化できないものか」と。

では、それを解決するための方法をお伝えしましょう。

解決策1

「株の自動売買12週間習得プログラム」を受講すれば、あなたが仕事をしているときでも、「トレードステーション」の自動売買機能を使って、あなたのトレードアイデア通り、すべて全自動でエントリーから決済まで行います。

これでエントリー、損切りの遅れや、ストレスを完全に解消できます。

エントリー画像

しかし、「いやいや、私はプログラミングなんてできないよ・・・」と思っているかもしれませんね。

でも安心してください。プログラミングがはじめての方でも使いこなせるように「テンプレート」(雛形)をご用意しているので、12週間後には普通に使いこなせるようになっています。

さまざまな、高額の投資ノウハウを
学んだのに、ぜんぜん良い結果が出ない

悩み2

これまであなたはたくさんの投資ノウハウ、また高額の投資ノウハウ塾などに参加されたことと思いますが、残念ながら大半の個人投資家は良い結果を得られていません。

それだけならまだしも、その投資法を用いてさらに損失をするという“ダブルパンチ”でお金を減らしているのが現状です。

ではなぜ、こんなことになるのでしょうか?

理由はいろいろとあるとは思いますが、一番の原因は・・・

講師が教えることを鵜呑みにし、そこで教えられる売買手法が「本当に利益を生んでいるのか?」ということを事前に“テスト(検証)”をしていないということです。

もしかすると、あなたが学んでいる投資手法は、単なる後付けで、長期間のデータで検証するとお金がどんどん減っていく手法である可能性さえあるのです。

しかし、もしそうだとしても、あなたの責任ではありません。
これまで、その売買手法を検証する術がなかったのですから仕方がないことなのです。

これからそのような“ワナ”にはまらないために、解決するための方法をお伝えしましょう。

解決策2

でも安心してください。「株の自動売買12週間習得プログラム」を受講すれば、その投資手法が本当に利益を生んでいるかどうかを「トレードステーション」を使って“テスト(検証)”できるようになります。

これを“バックテスト”といいます。

バックテスト画像

これまでは伝えられる売買手法を鵜呑みにするしかありませんでしたが、これからはその売買手法が本当に利益を生むのかを事前に“バックテスト”をして確認できます。

本来、テクニカル指標(移動平均、MACDなど)を使って売買する場合、事前にその手法が利益を生むかどうかを、数理的、統計的根拠に基づき、テストを行う必要があります。

たしかに実際の売買では“感覚的”な部分も大切ですが、それに加え、具体的な検証結果があれば、より売買の精度が高まるのは当然です。

もし、投資ノウハウを教えている講師が、数理的、統計的根拠に基づく客観的データ、具体的な検証結果を示さず、過去のチャートを使ってテクニックを教えているなら、その売買手法をまずは疑うべきでしょう。

あなたは「株の自動売買12週間習得プログラム」を学ぶことで“バックテスト”という術を手に入れることになります。

これでいい加減な売買手法に騙されることはなくなりますね。

エントリーや、
決済のポイントがつかめない

悩み

現在、証券会社から提供されているチャートソフトでは、なかなかエントリーや決済のタイミングがつかみにくいという現状があります。

たとえば以下のようなチャートがあったとしましょう。
これはソフトバンク(9984)の日足チャートに、個人投資家が良く使っている「5日移動平均線」を合わせたものです。

チャート画像

チャートでは、ローソク足と移動平均線が、かなり重なっている部分が多く、このような局面では、なかなかエントリーや決済タイミングがつかめません。

もっと分かりやすく売買サインを表すことができれば、もっと売買しやすくなるのですが、既存のチャートソフトでは、それができないのです。

しかし、「トレードステーション」を使えば売買ポイントが視覚的に明確になります。

解決策3

「株の自動売買12週間習得プログラム」を受講すれば、あなたが検証した売買手法で、チャート上に売買サインを表示させることができるようになります。

これは「トレードステーション」に搭載されている「ショウミー」という機能です。
この機能を使えば、事前に組み込んだ売買ルールで、エントリーや決済条件にヒットした時点で、チャート画面にそれが表示されるのです。

ショウミー画像

もちろんその売買シグナルが上手くいくことが前提になるのですが、それは、事前に“バックテスト”すればOKです。

“バックテスト”をいくつも行った後、利益を生んでいる売買戦略を「ショウミー」という機能を使うことでより、売買タイミングが分かりやすくなるので、もうエントリーや決済に迷いが生じることはなくなるでしょう。

いつも“高値掴み”をしてしまい、
なかなか“損切り”ができず、
お金が減っていく。

悩み

これも個人投資家が抱える“深い悩み”ですね。

株価が勢いよく上がっているとつい、「今買えば、もっと上がるのでは?」と思って買ってはみたものの、その直後に株価はジリジリ下がっていき、結局、一番高いところを買ってしまい、すぐに含み損が発生します。

また、証券マンに勧められた、どこかのセミナーで教えられた銘柄で含み損を抱えたまま保有している、いわゆる“塩漬け株”をいまだに持っているケースです。

本来であればもっと早く損を確定させなければならないにも関わらず、「もしかしたら上がるかも・・・」という淡い期待からつい持ち続け、含み損を拡大させてしまいます。

なぜこのようなことが起こるかといえば、ついその場の“感情”に流され、根拠のない期待感からこのような悲劇が生まれるのです。

つまり「高値で買ってしまうことや、損切りをしないことのリスクを数理的、統計的に把握できていないことが、根拠のない期待感を生んでいるのです。

このような投資を続けていたら、確実に資金を失ってしまいます。
では、それを解決するための方法をお伝えしましょう。

解決策4

感情に流されないようにするには、やはりちゃんと利益の出る「売買ルール」を作ることが大切です。

「株の自動売買12週間習得プログラム」を学んで、まずはトレードステーションに内蔵されている「戦略(ストラテジー)」を使って、あなたの「売買ルール」を作ってください。

そこで基本的なプログラムを覚えることで、12週間後には、オリジナルの売買ルールを作り上げ、自動売買まで行うことが可能になります。

また、トレードステーションでは、作った売買ルールを最適化する機能が搭載されています。
「最適化」とは、より成功の精度を高めるための“調節機能”のことです。

「株の自動売買12週間習得プログラム」を受講すれば、未経験者でも高齢者でも、このように一見複雑に見える「戦略のプログラム」や「最適化のプログラム」がすぐに使えるようになります。

自分の感情が邪魔をして、
なかなか思ったような売買ができない

悩み

僕のお客さんのアンケートで、もっとも“悩みの深い”テーマがこの「感情」です。

「感情が邪魔をして、エントリーすべきときにできない」

「損切りしなければいけないことは分かっているけど、それができない」

このように、その場の感情につい流されてしまい、結局、資金を失う個人投資家が後を絶ちません。

投資で成功するためには自分の“感情”に流されず、ポジション管理、資金管理、エントリーや決済を行う必要があることは、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士が唱える「プロスペクト理論」で証明されています。

しかし言葉でいうのは簡単ですが実際それを現場であなたが行うことは、相当に難しいことかもしれません。

自分の感情を排除しながら、決められたルール通りに売買することは、どれだけ難しいかは僕を含めて、あなたも強く感じていることでしょう。

ではそれを解決する方法をお伝えしましょう。

解決策5

「株の自動売買12週間習得プログラム」を受講すれば、すでに上手くいっているトレード手法や、あなただけのトレードルールを“完全自動”で売買していただけるように、オリジナルのプログラムの組み方をお伝えします。

一度プログラムを組んでしまえば、あとは条件にヒットしたときにプログラムが発動して、エントリーから利益確定、損切りまで自動的に執行します。

チャート画像

また複雑なトレードプログラムでの売買も可能で、現在ではこのような自動売買は、「トレードステーション」でしか実行できません。

これで、あなたの“感情”が邪魔をして、トレードチャンスを失うことはなくなります。

エントリーのタイミングで
銘柄を選ぶのが難しい

悩み

「ベストなタイミングで銘柄を選ぶことはできないのか・・・?」

これも個人投資家が抱える大きな“悩み”のひとつです。

現在、上場している銘柄は3500社です。
当然、すべての銘柄を監視することは、個人投資家では極めて困難です。

しかも、あなたがエントリーをしたいタイミングで、3500社から見つけ出すというのは、ほぼ不可能といわざるを得ません。

でももし、あなたがエントリーしたい条件で、その銘柄がスクリーニングされ、リアルタイムで知らせてくれるとしたら・・・

そんな夢みたいなことを実現したいと思いませんか?

ではそれを解決する方法をお伝えしましょう。

解決策6

「株の自動売買12週間習得プログラム」を受講すれば、トレードステーションに搭載されている「レーダースクリーン」という機能の使い方を解説しています。

この「レーダースクリーン」という機能は・・・

  • 1枚のシートに、最大2000銘柄登録できる
  • 事前に設定した条件にヒットした銘柄を一目で判別ができる
  • そして、ヒットした銘柄をリアルタイムで、アラート機能を使って知らせてくれる
  • トレードステーション内蔵されているリストを使って、一括登録が可能

など、これまでに経験のしたことのない機能が搭載されています。

レーダースクリーン画像

レーダースクリーンでは、事前に条件を設定し、登録することでリアルタイムに音声やポップアップ表示、またメールで受信することが可能です。

このように、アラートをうまく活用すれば、狙ったエントリー、決済タイミングを見逃すことを防げます。
また、「レーダースクリーン」に登録しているから、チャート上でシグナルの確認も可能です。

知らないうちに目を付けていた
銘柄が上がっている

悩み

「えっ、あの銘柄って、こんなに上がっていたの? ?」
実はこれは、あなただけではなく、僕の悩みでもあります。(苦笑)

単に監視体制の不備が招いた結果なのですが、やはり3500銘柄を同時に監視することは、現状のチャートソフト等では正直、無理というしかありません。

「継続的に監視することはできないものか・・・?」と思っていたら、そこでアイデアがひらめいたのです。

たぶん、これで解決できるのではないかと・・・。

解決策7

先ほどお伝えした「レーダースクリーン」の機能を使うことで、これをカバーできると思います。

「レーダースクリーン」では、騰落率やテクニカル指標など秒単位でリアルタイムにソートすることができます。

レーダースクリーン画像

これをチェックすることで、「監視の不備」をかなり防げると思います。

「株の自動売買12週間習得プログラム」では、補講動画で、このソート機能もご紹介したいと思います。

メンタルが強くないので、
とにかくストレスなく売買したい

悩み

きっとあなたは、トレードでの“ストレス”を抱えながら日々、株式市場で戦っていると思います。

そもそも“ストレスのないトレード”なんて、存在しないかもしれませんが、でも、できることならトレードの“ストレス”を最小限にしたいと思うのも当然でしょう。

そもそも、個人投資家が抱えるトレード時の“ストレス”は、どんな状況で生まれるのでしょうか?

  1. 買った瞬間に、すぐに下がってしまう。(空売りはこの逆)
  2. 連敗が続く
  3. コツコツ儲けても、一発の損失でマイナスになる
  4. なかなか銘柄が見つからない
  5. 塩漬け株が多い
  6. ちょっとの利益で確定してしまう
  7. お金がぜんぜん増えない、むしろ減っていくばかり
  8. そもそも自分のやっていることが、本当に正しいか不安

これ以外にも、個人投資家が抱える“ストレス”はたくさんあるでしょう。

「メンタルを強くしたいんです」という方もたくさんいらっしゃるようですが、そもそもメンタルを強くする方法など僕は知りません。結局は、さまざまな経験をするしかないんだと思います。

でも、さまざまな経験をする中で、資金が枯渇してしまえば、元も子もありませんね。

では、どのように解決すべきなのでしょうか?

解決策8

もし、長期的に資産が増える売買ルールがあって、そのルールに従って、全自動で売買できればあなたは“ストレス”から解放されるのではないでしょうか?

「ほったらかしでOK」ということでは決してありませんが、自分の売買ルールを定期的にメンテナンスして、最適化を行いながら、より成功の精度を高めることは、「トレードステーション」で実現可能です。

「株の自動売買12週間習得プログラム」では、よりあなたのトレード時の“ストレス”を軽減させるための解説を行ってまいります。

自分だけの“勝つためのルール作り”
を持ちたい

悩み

あなたもご存知だと思いますが、有名な相場格言に「人の行く裏に道あり、花の山」というものがあります。

これは、相場で利益を得るためには、他人とは逆の行動を取らなくてはならないという意味を表しています。

あなたはもう気付いているはずです。

結局、巷によくあるチャートだけを使った投資ノウハウだけでは上手くいかないということを・・・

そのためには、「あなた独自で勝つための売買ルール」を作る必要があるのです。

ではいったい、どうすれば良いのでしょうか?

解決策9

他の個人投資家が持っていない「知識」、「技術」は、どういったものがあるでしょうか?

決算書の見方?
マクロ分析?
チャートの見方?

本当にあなたが、「独自の売買ルール」を持ちたいのであれば、上記の知識にプラスしてプログラミングの知識を学ぶべきでしょう。

これからの時代で株式投資を成功させるために、絶対に必要な知識がプログラミングです。

プログラミングといっても決して難しいものではありません。
トレードステーションには、すでに多くのプログラムがすでに内蔵されているため、未経験者でも、高齢者でも使いこなすことが可能です。

オリジナルの戦略を組みたい場合でも、少しだけパラメータを入れ替えることができれば、まずは十分です。

しかし、プログラミングの知識があっても、そもそも「勝てる売買戦略(ストラテジー)」のアイデアがなければ、まったく意味がありません。

そこで「株の自動売買12週間習得プログラム」の受講生には、
僕たちが日々検証している売買のアイデアをお伝えしています。

もちろんそのアイデアが将来にわたって利益を保証するわけではありませんが、まずはプログラミングを学ぶにあたって、それらのアイデアを使いながら、あなた独自の「売買ルール」をあなた自身の手で開発していただきたいと思っています。

このように普段、個人投資家が抱えている悩みと、僕たちがやっているシステムやプログラムを利用することで、完全ではないけど、その多くは解決できると思っています。

チャートの勉強なんかどうでもいい
学ぶべきは「プログラミング」

まずは、以下の日本経済新聞電子版からの引用した新聞記事をご覧ください。

日本経済新聞電子版画像
日本経済新聞電子版画像

すでに金融、資産運用、トレーディングの世界では、人工知能を使ったプログラム売買は当たり前になっており、日々、想像をはるかに超えたスピードで、技術革新が進んでいます。

事実、世界の金融市場では、アルゴリズム取引、ロボットによる自動売買の独壇場になっています。

その結果、経験と勘をもとに運用してきた投資家の時代は終わりを告げ、人工知能を上手く使いこなす投資家が優勢になっていることを、「人工知能が金融を支配する日」(著者:櫻井豊氏)の本に書かれています。

この本の中で衝撃的なのは、「おそらく間違いないことは、多くの取引手法において、現在よりもはるかに優秀な人工知能を備えた超高速ロボトレーダーが数多く登場することです。したがって、人間トレーダーの全体的なパフォーマンスは少なくとも確率的には悪化することは不可避でしょう。そのような時代の到来は、間近に迫っているのです」という指摘です。

もうわかりますよね。
これから個人投資家として生き残りたいのであれば・・・

プログラミングを学ぶこと!

そう。あなたが今、学ぶべきことは、「チャート勉強」などではありません。

今、学ぶべきは、「プログラミング」の知識です。

なぜならほとんどの個人投資家は、
プログラミングができませんし、学ぼうとも思っていません。
でも、あなたが“プログラミング”を学びシステムを使いこなすことで、
他の個人投資家より圧倒的に有利になることは、
疑いの余地はありません。

他の投資家がチャートをみながら「買おうかな?売ろうかな?」なんて悩んでいる間に検証結果の良い売買ルールを使って瞬時に市場で売買できるからです。

またこれまでは、株価チャートとテクニカル指標を「絵」として見ていたものが、「プログラミング」を学びながらチャートを見ることで、これまでとはぜんぜん違う見え方になり、その売買の欠陥がより明確になります。
このことは、実際にプログラミングに触れてみないとわからない部分でしょう。

僕はもう2年前から、東証1部銘柄を主に、過去15年間のビッグデータを使って、さまざまな「バックテスト」や、銘柄によって一番機能するテクニカル指標のスクリーニング、最適化を何千回も繰り返し、検証をし、その結果を伝えるための全国セミナーや、投資マニュアル等を提供しています。

なぜこのような取り組みをしたかというと、「数理的、統計的検証の重要性」を知ってほしかったからです。

チャートをみながら「●日移動平均線がうまくいきそうだ!」と思っても、実際に過去データでコンピューターに検証させてみたら、お金がずっと減り続けるという結果がほとんどのケースで起きていました。

それだけ人間は、錯覚を起こしやすい生き物といえるのではないでしょうか。

少し話が回り道しましたが、僕の言いたいことは・・・

個人投資家がプログラミングを覚えることで
自動売買ができる環境は整っています。

であるならば、これからの個人投資家は、システムにできることは、システムを利用し、自分の裁量でやるべきことは裁量でやるといったように、役割分担を明確にすべきだと思っています。

「株の自動売買 12週間習得プログラム」を一般に公開しようと思ったのには、ちゃんとした“理由”があります。

それは、いくら高額なトレードテクニックを学ぼうが、チャートテクニックを学ぼうが、数理的、統計的に検証の裏付けがなければ本当に上手くいくかどうか分からないし、なにより、あなたの“感情を排除”しなければ、良い売買はできないからです。

この2つの大きな問題を解決するために、「株の自動売買 12週間習得プログラム」を提供しようと思ったのです。

以下、あなたが「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加すべき理由についてお伝えしていきましょう。

あなたが、この講座に参加すべき
“9つ”の理由

たった“12週間”で、自動売買のプログラムを習得できるから

理由

「これから個人投資家として生き残りたいのであれば、プログラミングを学ぶべき」ということを先ほどお伝えしましたが、なにも本格的なプログラミングをまなばないといけないということではありません。

あくまで「トレードステーション」を使いこなすための“イージーランゲージ”に特化したプログラムだけを学べばそれでOKです。

プログラムだけを学べばそれでOKです。
なので未経験者でも、高齢者でも12週間もあればそれが理解できるように講座を構成しています。

「トレードステーション」を使いこなすことができれば、これまでとは相場の世界が一変し、より多くの収益機会を得ることができるでしょう。

あなたが使っている売買手法が本当に利益を生むのかを、事前にテストできるから

理由

もう何度もお伝えしましたが、ほとんどの個人投資家は、自分の手法が過去、利益を生んでいるのかを事前にテスト、検証することなく売買しています。

これは、航海図を持たないで太平洋を航行しているようなもので、極めてリスクの高いといわざるを得ません。

もう、あなたはそんなリスクの高いことをするのではなく、事前に航海図を用意して目的地までいくことを目指すべきです。

「トレードステーション」のバックテスト機能を使って、あなたの売買ルールを作るためにも、 「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加すべきでしょう。

株の売買時の“ストレス”を防ぐことができるから

理由

株の売買をする上で最大の敵は“あなたの感情”です。

時に恐怖心を抱え、時に慢心し、時に絶望感を抱え、最終的に自暴自棄に陥る・・・
このような売買を続けていても、資金は増えるどころか、減る一方です。。

今は技術進歩により、あなたの売買時のストレスを防ぐことができる時代になりました。

「トレードステーション」の自動売買機能を使いこなし、エントリー、利益確定を確実に行うためにも「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加すべきでしょう。

塩漬け株を持つことがなくなるから

理由

なかなか損切りができない投資家は、決まって含み損の大きい“塩漬け株”を保有しているものです。
損失を確定させなければならないことは分かっていても、なかなかそれが実行できない。

もう、そんな無意味なことはやめませんか。

「絶対に塩漬け株は持たない」と決意された方は、「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加すべきでしょう。

仕事中、相場を気にすることなく売買できるから

理由

日本の個人投資家のほとんどは、本業を抱えながら株式投資をしているでしょう。
リタイヤしている方や、専業でトレードを行っている方は、全体の一握りだと思います。
今では“スマートフォン”で株の取引きもできる時代ですが、やはり本業をおろそかにすることはできません。

そうはいっても、「あー、相場を見ていれば利益確定ができたのに・・・」と悔しい思いをする個人投資家も多いはず。

またすでに、機関投資家はプログラム売買が主流であり、急激な相場変動が起きていることは、「英国ER離脱」や「トランプショック」など、あなたも良くご存じのはず。

大きな相場変動が起きれば、損益も大きく変動します。そんな状況でなかなか仕事に集中できないこともあるでしょう。

だからこそ、あなたは「自分の売買ルール」をプログラムし、自動売買を実行することで、不測の事態が起きても大きなリスクを排除することができるはずですし、事前に利益確定に動くことも可能になり、本業をおろそかにすることなく安全なトレードができるのです。

条件を設定しておけば、売買チャンスの銘柄を自動的に呼び出せるから

理由

「以前チェックしていた銘柄が、知らないうちにこんなに上がっているとは・・・」
このような経験をしている方は、あなただけではなく、たくさんいらっしゃいます。

数多くある銘柄を、毎日チェックするのは正直、不可能だと思います。
しかし「トレードステーション」の「レーダースクリーン」という機能を使うことで、このような見逃しを防ぐことが可能になります。

「レーダースクリーン」に、あなたがエントリーしたいと思っている条件等を設定しておけばその条件にヒットした銘柄を呼び出す機能があります。
その説明も「株の自動売買 12週間習得プログラム」でお伝えしますので、ぜひご参加ください。

あなただけの「オリジナル売買ルール」で稼ぎ続けることが可能になるから

理由

「トレードステーション」を使いこなすことで、さまざまな売買の検証ができることをお伝えしてきましたが、これから相場で生き残るためにも、常に数理的、統計的検証を行うことは
個人投資家として必須の技術になります。

これまで上手くいっていた売買ルールが、突然、上手くいかなくなることもあり得るからです。

常に“バックテスト”で確認しておけば、あなただけのオリジナル売買ルールは、ずっと利益を生み続けてくれることでしょう。

そのためにも「株の自動売買 12週間習得プログラム」にご参加ください。

過去25年間の株価データで検証することができるから

理由

「トレードステーション」では、過去25年間という長期のデータを活用できます。
これほど長期間のデータを活用できるのは、他のチャートソフトでは、ほとんどありません。

“バックテスト”をしっかり行うには、長期間のデータベースがどうしても必要です。
なぜなら短期間のデータ検証では、サンプル数が少なく、信頼性が低くなりがちです。

でも25年ものデータであれば、より精度の高い検証ができます。

もちろんチャートソフトの使い方も解説していますので「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加する価値はあるでしょう。

あなたのオリジナルの「テクニカルサイン」を作ることができるから

理由

「トレードステーション」では、「ショウミー」という機能があります。
これは、特定の売買条件を設定した場合、それに該当したチャートの部分に印(サイン)を付けることができる機能です。

一般的なチャートソフトでは、なかなかここまでできるものはありませんので、自動売買をしなくても、かなり有効なものだと思います。

「ショウミー」の使い方も説明しているので、「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加していただきたいと思います。

僕たち二人が、あなたが抱えている
問題を解決します!

かなり遅くなりましたが、「株の自動売買 12週間習得プログラム」で、僕たち二人があなたの抱えている問題を解決したいと思います。

大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。

大阪府、金融新戦略検討委員会の委員に就任(金1111号)
半年間、大阪行政のために尽力する。

証券会社退職後、証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。
書籍、月刊誌、新聞記事など多数執筆。

紫垣英明出稿・出版実績

業務系SE/プログラマーやWebエンジニアなど、計11年以上のプログラミング実務経験を経て、システムトレードの世界に興味を持つ。

EasyLanguageを活用した売買戦略だけでなく、機械学習や人工知能のノウハウも取り入れたトレーディング戦略を日夜研究している。

また、10種類以上のプログラミング言語を扱ってきた経験を活かして、個人事業主や起業家などのべ100名以上にプログラミングの個人レッスンを実施するなど、プログラミング未経験者へのレクチャー経験も豊富。

僕たち二人は、トレードステーションのEasyLanguageだけではなく、ディープラーニングを駆使した「人工知能」を使ったトレードシステムの開発にも精力的に動いていきます。

この取り組みはきっと、あなたや日本の個人投資家にとって、絶対に必要な知識、技術であると確信しています。

まず、はじめのきっかけとして、「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加に参加していただくことをお勧めいたします。

お待たせしました。
「株の自動売買12週間習得プログラム」
の内容をお伝えします!

「株の自動売買 12週間習得プログラム」は、マネックス証券から提供されている「トレードステーション」というシステムを使いこなせるようになるためのオンライン講座です。
会員サイトにログインできる環境であれば、いつでもどこでも学ぶことができます。

※なお「株の自動売買 12週間習得プログラム」は、利益になりそうな売買ロジックを提供するものではありません。

トレードステーションのインストールとあなたのトレード成功に導くワークスペースの設定方法

arrow1 arrow3

まずは、あなたのパソコンに「トレードステーション」をインストールしていただくために、マネックス証券に口座開設が必要です。すでに口座をお持ちの方は、マネックス証券のトレードステーションのサイトからダウンロードをしていただけますのでその方法をご紹介します。

「トレードステーション」に搭載されている高度なアプリケーションの使い方、そしてバックテストや、自動売買でよく使う機能を厳選して操作方法を学ぶことができます。

また、あなたのトレードを成功に導くためのワークスペースの設定をご紹介します。
まずは僕の使っているワークスペースをご紹介します。
トレードのスタイル別にワークスペースを自由に設定できるので、あなただけのワークスペースを作り上げてください。

プログラムコース画像

チャートを利用した分析テクニック初期搭載のプログラムを活用して売買サインを表示させてみる

arrow1 arrow3

「トレードステーション」では、自分でプログラミングしなくても、様々なグラフやサインが表示できるプログラムが初期搭載されています。

こうしたチャート上に表示するグラフやサインのことを「分析テクニック」と呼びます。

たとえば、「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「RSI」「売買高」などのグラフや、「ゴールデンクロス/デッドクロス」「価格の連続上昇/下落」などのサインなどです。

また、移動平均線のグラフの計算対象日数を指定、価格連続上昇サインの連続上昇回数、などパラメータを用いた細かい設定も可能です。

まずは初期搭載の分析テクニックを使って、何がどこまで出来るか?を学びましょう。

初期搭載のプログラムを使って売買ルール、売買戦略を作るために必要な知識を習得する

arrow1 arrow3

いきなり「売買ルール(ロジック)」を作ってみようと思っても、何からやればよいのか分からないというのが、一番初めの“カベ”だと思います。

でも第3週でお伝えすることをこなしていただければ、いろんな売買ルールのアイデアが得られることでしょう。

そこで、まず最初に「トレードステーション」に初期搭載されているプログラムを使って、売買ルールを作る練習をしてみましょう。

・移動平均線を使った売買ルール
・RSIを使った売買ルール
・ボリンジャーバンドを使った売買ルール

などなど、まずはプログラミングをすることなく、初期搭載の売買ルールで、資金がどう増えていくのか?減っていくのかを、あなたの目で確認してください。

確認することで、いろんな売買ルールのアイデアが思いつくはずです。

また、第3週で紹介する「ショウミー」という機能を使って、チャート上でも確認してみてください。そうすることで、より売買ルールのアイデアが明確になると思います。

まずは初期搭載のストラテジーをフル活用して、プログラミング不要でも作成可能な売買ロジックの作成方法について学びましょう。

クリック操作と簡単な入力だけでOK!過去データを使ってバックテスト(検証)をやってみよう!

arrow1 arrow3

第4週から、いよいよ過去のデータを使って実際に「バックテスト」を行なってみます。

これまで何度も「バックテスト」という言葉を使ってきましたがこれは、「ある一定の売買ルール」が、本当に過去、利益を生み出しているのか検証することです。

まずこの週では、第3週に出てきた「初期搭載の売買ルールプログラム」を使って、バックテストを行なってみることにします。

バックテストを行うためには、「エントリーとなる基準」と「決済となる基準」のふたつの基準が計算上、必要です。これらを、どういった基準で行うかを、細かく解説していきます。

そして、バックテストの結果を示すのが「パフォーマンスレポート」です。 以下が、「パフォーマンスレポート」です。

パフォーマンスレポート画像
パフォーマンスレポート画像

・テストの期間
・売買回数
・勝率
・総利益、総損失
・プロフィットファクター

などなど、あらゆる細かい検証結果をレポートで表示できます。

「パフォーマンスレポート」で、一番重要なのが、損益曲線。
つまり、お金が増えているのか、減っているのか?を確認できるグラフです。

パフォーマンスレポート画像

まずは、あなたの思いつく売買ルールでOKなので、バックテストをしてみて、検証結果を確認してください。

この第4週でお伝えすることは、今後、バックテストや自動売買をする上でもっとも重要なコンテンツになるので、必ず習得するようにしてください。

バックテストで得られた結果の“パラメータ”を「最適化」する技術を学ぶ!

arrow1 arrow3

第4週で、バックテストを行った結果はいかがでしたでしょうか?
いきなりはじめから、利益がどんどん上がるようなテスト結果を得られることはほとんどありません。

なので、バックテストの結果が悪いとしても、落ち込む必要はありません。

次に使っていただきたい技術が“パラメータの最適化”です。
“パラメータの最適化”とは、たとえば、Aという銘柄の移動平均線は、どの移動平均線が一番、有効なのかを瞬時に計算して答えを出す。これが「最適化」です。

具体例を挙げるなら、「移動平均線のクロスで売買、固定金額で利益確定と損切」
という売買ルールがあったとき、

・移動平均線の計算日数: 5〜100日
・利益確定する1株当たり含み益: 1円~50円
・損切りする1株当たり含み損: 1円~30円

全144,000通り中、どの組み合わせが最も良い結果を得られるのか?

これが“パラメータの最適化”です。

この2つの技術をマスターすれば、初期搭載の売買ルールの中から各銘柄に最適な戦略とパラメータの組み合わせの検証が可能になるのです。

さあ、いよいよ“自動売買”を実行します。

arrow1 arrow3

第6週ではいよいよ“自動売買”の具体的手順に触れていきます。

まずは、あなたがこれまでバックテストを行い、ある程度、利益の見込める売買ルールをいくつかピックアップしてください。

そのルールがあれば、“自動売買”といっても、何も難しいことはありません。
売買ルール(ストラテジー)を設定し、チェックボックスにチェックを入れれば完了です。

 売買ルール画像

あとは条件に従って、プログラムが自動で売買を行います。

自動売買ができるようになったからといって、ほったらかしは良くありません。
ちゃんとシステムが思った通りに稼働しているかを、あなたは確認しなくてはなりません。

もし思った通りの売買ができていないようなら、売買ルールの見直しが必要です。

常に「トライアンド・エラー」を心がけるようにしてください。

これは絶対にマスターしておきたいトレードステーションの便利機能

arrow1 arrow3

ここまでの内容だけでも、初期搭載のプログラムを活用して様々なグラフやサインを描画したり、売買ルールを構築することが可能になっていると思います。

トレードステーションの操作にも、だいぶ慣れてきたと思いますが、検証する銘柄やパターンが多くなってくるにつれて、同じような操作や設定を何度も繰り返したりすることが増えてくるかと思います。

そこで第7週では、マウスでポチポチ設定しなくても数文字入力するだけでチャート分析の様々な設定などが可能になる「コマンドとマクロ」や、銘柄を自由にグループ化できる「カスタムシンボルリスト」、グラフとサインと売買ルールをまとめて表示できる「分析グループ」など、より素早く作業をする上で非常に便利なトレードステーションの機能についてご紹介します。

次週からの「自作売買戦略構築」という最も大事なことに時間を注いでいくためにも、今のうちにこれら便利機能を覚えてトレードステーションの操作スピードをアップさせておきましょう。

あなただけ!オリジナルの売買ルールを作るための、EasyLanguageをマスターする!

arrow1 arrow3

これまでは主に、トレードステーションに初期搭載されているプログラムを使って、売買サインを出してみたり、売買ルールを作り、バックテストで検証してこられたと思います。

ここからは目指していただきたいのは、あなたオリジナルの売買ルール(ストラテジー)です。

そのために、、トレードステーションでのプログラミング言語である“EasyLanguage”(イージーランゲージ)をマスターしていただきます。

“EasyLanguage”(イージーランゲージ)といっても、特別難しいわけではありません。
型を覚えていただければ、あとはいくらでも応用が効くのです。

第8週では、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)の概要について学んでいただきます。株式トレードに関する知識はあっても、多くの方は「プログラミング」がどういうものかよく分からなずイメージし辛いと思いますので、本週では「プログラミングとは何か?」について軽く触れながら、EasyLanguageが一体どんなもので、トレードステーション上でどのように動いているのか?について詳しく解説します。

本週の話は、特にプログラミング未経験の方は必見の内容です。本週の話を聞いているかいないかで、これ以降のEasyLanguageの話に対する理解度がまったく変わってくるはずです。

EasyLanguageを使って、あなたオリジナルのテクニカル指標(インディケータ)を作るためのテンプレート(ひな形)をお渡しします。

arrow1 arrow3

第8週では、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)の概要について学んでいただきましたが、いよいよ第9週では、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)を使って、あなたオリジナルのテクニカル指標(インディケータ)を作ってみましょう。

「移動平均線」や「MACD」「ボリンジャーバンド」など、既存のテクニカル指標を使うことも良いですが、せっかく“EasyLanguage”(イージーランゲージ)を学んだわけですから、その技術を最大限に生かすためにも、あなただけの、「しっかり利益の上がる、オリジナルのテクニカル指標」を作ってみませんか?

 “EasyLanguage”(イージーランゲージ)画像

オリジナルのテクニカル指標の一番の優位性は、「あなたしか、売買ルールを知らない」ということです。

一般的な売買手法は、ほとんどの個人投資家がわかってしまっているので、チャート上の“ダマシ”が頻繁に出現するので、収益化することが難しくなります。

しかし、、「あなたしか知らない、売買ルール」を持つことによって、他の投資家より圧倒的優位性を保つことができるのです。

しかし、いきなりそれをするのは多少時間がかかると思いますので、今回、あなたには、僕たちが実際に使っている“テンプレート(ひな形)”をお渡しします。テンプレートを使えば、プログラムをゼロから作る必要はありません。必要な部分のみ穴埋め形式で入力すれば、あとは勝手にプログラムが作成されます。

このテンプレートがあれば、未経験者でも高齢者でもカンタンに作れるはずです。

目の前のチャートに、サインが点灯!「ショウミー/ペイントバー」を最大限に活用する

arrow1 10 arrow3

第10週では、トレードステーションで良く使うであろう機能として「ショウミー」「ペイントバー」という機能のテンプレート(ひな形)を使って実践に生かしていただくことをお伝えします。

これはリアルタイムで動いている目の前のチャートで、あなたが設定した条件にヒットした足にサインが点灯するという機能です。

グラフを表示するインジケーターと合わせて使うことで、より見やすいチャートの設定が可能となります。

もちろん、こちらもインジケーターと同様にたくさんの“テンプレート(ひな形)”を用意しているので、迷うことなく実現が可能です。

エントリー&決済の売買ルールを自作!自在にトレードステーションを操り徹底的に使いこなす

arrow1 11 arrow3

いよいよ第11週では、あなたにトレードステーションを自在に操っていただくために、エントリーの戦略プログラム、決済の戦略プログラムの“テンプレート(ひな形)”を数多く提供させていただきます。

これらの戦略プログラムの“テンプレート(ひな形)”を使うことで、収益性の高い売買戦略、売買ルールをいち早く構築できるでしょう。

すでにあなたは、バックテストを何度も繰り返し、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)を覚えていることで、他の投資家を圧倒する技術を手に入れました。

EasyLanguageで売買ルールのプログラムを自作できるようになれば、あとはそれをチャートに適用するだけで、売買サインが点灯し、クリック1つでオリジナル売買ルールによる自動売買が可能となります。感情的な売買を排除して、投資家としてのあるべき姿を実現できるでしょう。

さらにEasyLanguageを深く理解して理想の売買ルールを構築していく!

arrow1 12 arrow3

第11章までで、「テンプレート(ひな形)」を元に様々なグラフやサインや売買ルールを作成してきました。

第12章では、さらにEasyLanguageの文法や命令などについて詳しく解説していきます。

EasyLanguageをより深く知ることで、初期搭載されているプログラムがどのようなロジックで動いているか?を自力で解読することが可能になったり、複数の条件を組み合わせた複雑な売買ルールの構築も可能になります。

これで、あなたは次世代の個人投資家として、豊かな人生を過ごすことになるでしょう。

さらに“7つ”ボーナス特典をお付けします!

今回、「株の自動売買 12週間習得プログラム」にご参加いただいた“あなた”には他では得ることが難しい「7つのボーナス特典」をお付けいたいたします。

これら「7つのボーナス特典」は、あなたのトレードにとって、とても大切な役割を果たすと思います。

参加者限定の3ヶ月間メールサポート(15万円相当)

今回、参加者限定で3ヶ月間の「無料メールサポート」を行います。

「トレードステーション」を実際の売買でどのように使いこなせばよいのか、また、このような売買戦略の場合、どのようなプログラムになるのか?といったご質問に対してメールで回答させていただきます。

実際、下山さんは他のクライアントに対して、月間5万円でサポートをしていますが、今回は特別に3ヶ月間の無料サポートを実施させていただくことになりました。

イージーランゲージのチートシート(7万円相当)

トレードステーションに付属されている「イージーランゲージ」マニュアルは、目的別にカテゴリー分けされておらず、また初心者は使わないであろう機能などの情報量も多いため、正直なところプログラミングが初めての方にとってはやや使いにくいと思います。

そこで、これから初めてイージーランゲージを使う方向けに、よく使う命令や文法をまとめた「チートシート(早見表)」を用意しました。(通常、業者に依頼すると7万円前後かかる内容です)

「足の価格や売買高などの情報を取得したい」「移動平均線やボリンジャーバンドなどの値を取得したい」「指定条件を満たした時だけ売買サインを表示させたい」など、目的別にどんな命令や文法を使えばいいのかを即座に確認できますので、ご活用ください。

イージーランゲージのコード(10万円相当)

グラフ/サイン/売買ルールなどをイージーランゲージで作成する場合、種類によってそれぞれ”書き方のパターン”がいくつか存在します。

そのパターンを分析して「書き方のテンプレート(ひな形)」として用意したのが、本特典になります。(通常、業者に依頼すると10万円前後かかる内容です)

「インジケーター」「ショウミー/ペイントバー」「ストラテジー(エントリー系)」「ストラテジー(決済系)」などのカテゴリー別に、数十種類のテンプレートをご用意しています。

また本テンプレートは会員サイトに用意していますが、会員サイト上で必要な項目を埋めていくだけで、自動的にイージーランゲージ・コードを生成してくれるようになっています。
コードが生成されれば、あとはトレードステーションに貼り付けるだけ。
たったこれだけで、簡単に自作のグラフやサイン、売買ルールを導入できるようになっております。

慣れてくれば自分でゼロからイージーランゲージ・コードを書くことも出来ますが、最初はどこをどう書けば良いのかよく分からず難しく感じると思いますので、最初はこのテンプレートをぜひ活用いただければと思います。

(12週間の講座内でも、本特典を元にした売買ルールのプログラミング作成方法についてご紹介しています)

複合条件のイージーランゲージコード(20万円相当)

そのまま使えるストラテジー(売買ルール)のイージーランゲージ・コードです。
コードをコピーペーストして貼り付けるだけですぐに、厳選されたストラテジーをあなたのトレードステーション環境に導入することができます。

本特典はトレードステーションの初期搭載ストラテジーには無い「複合条件のストラテジー」になります。すぐに実践で使えそうなストラテジーを厳選してご紹介しているので、そのまま使っても良いですし、本特典を元に自分なりの売買ロジックを追加してお使いください。

※本特典は「このストラテジーなら絶対儲かる!」といった保証をするものではありません。
※通常、業者に依頼すると20万円前後かかる内容です。

追加の補講動画

「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、追加の補講動画を提供する予定です。

僕たちも、日々戦略ロジックの検証を行っているので、そこで得たアイデアなどを、あなたと共有することで、より高度な知識を提供できると思います。

また僕たちは、トレードステーションは昨年、提供されたものなので、僕たちもすべてを理解しているわけではありません。したがって当初提供するプログラムの中身が完璧とは思っていません。

そこで「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、受講していただいたあなたから「ご意見」や「ご希望」などを募集する仕組みを取り入れました。
あなたの意見などを取り入れ、それを補講動画でフォローしていきます。

参加者限定フォーラムを開設

「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、「メンバー専用のフォーラム」という、情報交換の場を提供します。

メンバー同士で情報交換することで、だれも思いつかなかった戦略アイデアが思いつくこともあるでしょう。

ひとりで考えても思いつかないようなことが、メンバーと話をすることで視野が広がるからです。また自分ではわからないことを、他のメンバーが教えてくれることもたくさんあるはずです。

この「メンバー専用のフォーラム」は、あなたの味方になるはずです。
積極的に情報交換していただければと思います。

会員専用メルマガ

会員専用のメルマガでは、相場の最前線で日々トレードをしている視点から、
トレードに関する有益な情報を不定期で提供していきます。

他では得られない“レア”で、ホットな情報をどんどん提供していきたいと思います。

参加費について

正直、今回の価格設定については大いに悩みました。
なぜなら、「株式投資の自動売買のプログラミングを教える講座」というのが、他にほとんど存在しないからです。

通常、コンピューターのプログラミングを教える講座の相場は、数ヶ月で30万から50万円が相場になっているようです。(インターネット調べ)

また今回提供する「株の自動売買 12週間習得プログラム」は、僕たちが1年間、必死の思いで積み上げてきた、自動売買に関するアイデアや、できたら他の投資家には教えたくない、他に出回っていない「イージーランゲージ・コード」や「チートシート(早見表)」を公開することになります。

もともとこれらの情報は、僕たちが自動売買をするためだけに使おうとしていたものなので、今までの労力を考えると、「500万円もらっても公開したくはない」という思いでした。

でも他方、投資ノウハウに数百万以上のお金をつぎ込み、苦しんでいる個人投資家がたくさんいることも知っていますし、それでも、成果を出していない個人投資家がたくさんいることも知っています。

「そんな個人投資家を救いたい」といった“偽善者”のようなことを言うつもりはありませんが、しかし、日本の個人投資家にもっと賢くなってほしい、もっと自分の力で結果を出してほしいということは、僕が7年間ずっと言い続けてきたことです。
ならば、思い切って僕たちが築いてきた財産を公開する決断をしました。

そこで価格を考える上で、僕の周りの投資家さんに、「このノウハウをいくらだったら買いますか?」というアンケートを実施しました。

その結果、最低価格は8万円、最高価格は35万円、一番多かったのが15万円前後で買うという結果でした。
したがって、10万円~15万円程度の価格で提供しようと考えました。

でも今回のプログラムは、インターネット動画で学んでいただくスタイルになります。
それに、どうせ公開するなら、多くの人に自動売買を経験してほしいと思ったのです。

そこでいろいろ検討した結果、42,000円(税込:45,360円)で、これらのノウハウを公開することに決めました。

12週間で、未経験から自動売買ができるようになり、数多くの収益チャンスをものにできることを考えると、安過ぎるくらいの価格だと思います。

でももっとたくさんの個人投資家に「株の自動売買」を経験していただきたいので、特別に破格の条件を設定させていただきました。

最大3回払いの分割払いを
ご用意させていただきました。

クレジットカードでのお申し込みは、最大3回までの分割払いが可能です。
3回の分割でしたら、月々の負担は約14,000円。1日あたりに換算すると約466円です。
(※消費税、分割手数料を除く、受講費で換算しています)

クレジットカード払いの他
銀行振り込みでもOK!

インターネットでクレジットカードを使用することに慣れていない方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、銀行振り込みでのお支払いも可能です。
銀行振り込みでは、一括払い(税込45,360円)になります。

 株の自動売買に今すぐ参加する

 クレジットカード画像

決済完了後、自動返信メールにて、会員様専用のID、PWをお送りいたします。
迷惑メールフォルダに入る可能性がございますのでご確認お願いします。

【投資に係わるリスク及び手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

  • ※「トレードステーション」を使うには、マネックス証券に口座開設が必要です。すでに口座を持っている方は、ソフトをダウンロードしていただければOKです。なおソフトはウィンドウズのみの対応で、Macでは動作しません。
  • ※僕たちは「トレードステーション」のすべての機能について把握しているものではありません。よって「トレードステーション」本体の利用方法については、「トレードステーション」のマニュアルを読んでいただくか、マネックス証券のカスタマーサポートにお問い合わせください。弊社では「トレードステーション」の使用方法についてのサポートは行いません。
  • ※よくある「儲かりそうな自動売買のシステム」を販売するものではありません。
    僕たちは、あなたが自動売買を成功させるために、数多くの検証結果から得た、投資戦略のアイデア、ノウハウ、プログラミング技術を提供するのであって、あくまでも銘柄選択や投資戦略を作るのはあなたです。

あなたの質問にお答えします!

儲かる「自動売買」の戦略ロジックを販売しているのでしょうか?

いいえ。「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、儲かる戦略ロジックを販売しているわけではありません。
「トレードステーション」という、日本株の自動売買、バックテストができるツールのプログラミングの仕方をお伝えし、あなたが使いこなすことができるようにするのが目的です。
戦略ロジックを考えるのはあなたの役割です。

ただ僕たちも、かなりの数のバックテストをしてきているので、戦略の“アイデア”については、メンバーページで、あなたとシェアします。
「こうすれば儲かります」ということを伝えるのではありません。

マネックス証券に口座がないと使えないのでしょうか?

「トレードステーション」を使うには、マネックス証券に口座開設する必要があります。 口座開設自体に、お金が必要ということではありませんので、この機会に口座開設をしてみてください。

「トレードステーション」を使ったことがありません。操作方法を教えてくれますか?

「トレードステーション」の使い方については、マネックス証券のコールセンターまでお問い合わせください。

あくまでも「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、プログラミングのやり方をおつたえするものであって、「トレードステーション」の使い方をお伝えするものではありません。

「トレードステーション」は、マネックス証券が初心者向けに手厚いサポート体制を整えているので、使い方がわからない場合は、マネックス証券のコールセンターが確実です。
ただし、プログラミングについてご質問は、3か月間無償でサポートいたします。

パソコンは、Macを使っているのですが、大丈夫でしょうか?

現在、「トレードステーション」は、ウィンドウズしか対応していないようです。
したがって、ウィンドウズのパソコンでお使いください。

サポート期間と、内容を教えてください。

サポート期間は3ヶ月です。
サポート内容は、購入者限定のメンバーサイト内で提供している動画コンテンツや各ページの内容に関する質問と、より細かい条件による売買ルールをEasyLanguageで作成する方法などになります。

質問については、メンバーサイト内に用意してあるフォーラム(掲示板)で、他の会員様と共有の場にて質問いただく形となります。
また、トレードステーションの詳しい操作方法などについては、こちらではサポートできません。マネックス証券の方へお問い合わせください。

スマホやタブレットでも、プログラミングは可能でしょうか?

マネックス証券のHPを見ると、スマホやタブレットでも使えるようですが、プログラムを組めるかどうかは確認していません。
詳しいことはマネックス証券のコールセンターで確認していただきたいのですが、基本的にスマホやタブレットでプログラムを書くことは現実的ではないように思います。

気に入らない場合、返金してもらえますか?

申し訳ありません。商品の性質上、返金対象ではありません。

「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加すれば、絶対に儲けることができますか?

儲けられるようになるかどうかは、あなたの努力次第です。
僕たちは、それを保証することはありません。
だたいえることは、プログラミング技術を学ぶことで、あなたのトレードの幅が広がることは間違いありませんし、有利な立場に立てることには変わりはありません。

あなたには“2つの道”があります・・・

ここまでこのHPを読んでみて、きっとあなたはこう思っているかもしれません。

「また、お金をムダにしてしまうんじゃないか・・・」と。

ここから、あなたには“2つの道”が用意されています。

 2つの道

1つは、今の投資のやり方を、そのまま続けていくという道です。

もちろん、能力の優れた、あなたのことですから、今後、あなたの投資はきっと、うまくいくことでしょう。

でも、今回お伝えしたように、“ストレス”を抱え続けたまま苦しい状況を続けることについては、これまでと何も変わりません。

さらにいうと、投資の技術は日々進歩し、個人投資家を取り巻く環境激変していることはあなたもご存じの通りです。

今の時代は予期しない出来事、例えば地政学的リスクや、災害リスク、リ-マンショック級の金融システム破たんなど、あなたがコントロールできない事態が起こりやすくなっており、このような事態に遭遇すれば、思わぬ損失を被ることになります。

また、「トレードのシステム化」や「人工知能化」の流れを止めることは、もはやできません。
仮に、独学で株の自動売買のプログラミングを学ぶとしたら、膨大な時間とコストがかかることになるのは間違いありません。

2つめは、今回提案する「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加して、プログラミングの技術や、僕たちがやってきた検証のテンプレートを手に入れて、あなたの「自動売買」を軌道に乗せる道です。

「株の自動売買 12週間習得プログラム」に参加することで、短時間で有効な売買戦略を手に入れることで、他の個人投資家より圧倒的に有利な地位を得ることができるでしょう。

なぜなら僕たちが膨大な時間とコストをかけて検証し、投資戦略のアイデアを手に入れることができるので、あなた一人で試行錯誤を繰り返す時間が大幅に短縮できるからです。

僕たちはこれからずっと、さまざまな投資アイデアのバックテストを実行し、戦略アイデアを開発していきますが、これらのアイデアを参加者全員とシェアすることは、あなたにとっては極めて大きな財産になるはずです。

どの道を選ぶもあなた次第です。
あなたの人生は、あなた自身で選ぶことができるのですから・・・。

しかし、今のあなたの行動を変えなければ、将来のあなたは変わりません。

あなたの将来を決めるのは、今のあなたの決断なのです。

この講座でお伝えすることは、あなたが思っているよりも、ずっとシンプルです。

もしあなたが、、、
「これまでの投資を変えたい」と思うなら・・・
「他の投資家より有利な立場を得たい」と思うなら・・・

どうぞ、「株の自動売買12週間習得プログラム」を
体験していただきたいと思います。

 株の自動売買に今すぐ参加する

 クレジットカード画像

決済完了後、自動返信メールにて、会員様専用のID、PWをお送りいたします。
迷惑メールフォルダに入る可能性がございますのでご確認お願いします。

【投資に係わるリスク及び手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

  • ※「トレードステーション」を使うには、マネックス証券に口座開設が必要です。すでに口座を持っている方は、ソフトをダウンロードしていただければOKです。なおソフトはウィンドウズのみの対応で、Macでは動作しません。
  • ※僕たちは「トレードステーション」のすべての機能について把握しているものではありません。よって「トレードステーション」本体の利用方法については、「トレードステーション」のマニュアルを読んでいただくか、マネックス証券のカスタマーサポートにお問い合わせください。弊社では「トレードステーション」の使用方法についてのサポートは行いません。
  • ※よくある「儲かりそうな自動売買のシステム」を販売するものではありません。
    僕たちは、あなたが自動売買を成功させるために、数多くの検証結果から得た、投資戦略のアイデア、ノウハウ、プログラミング技術を提供するのであって、あくまでも銘柄選択や投資戦略を作るのはあなたです。

さいごに・・・
他の個人投資家より
圧倒的に有利な立場に立ちましょう!

最後まで、「株の自動売買 12週間習得プログラム」のHPを読んでいただき、本当にありがとうございます。

僕は2010年から本格的に、個人投資家向けに投資教育プログラムを提供してきました。
そこで言い続けてきたことがあります。

それは・・・

これまでと違う結果を得たいなら、
これまでとは違う行動をしなければならない。

というメッセージです。

これは、僕の“信念”であり、僕の行動するための“指針”になっています。

結局、投資の世界は、どれだけ他の投資家より“優位性を保つか?”ということが、とても重要なことはいうまでもありません。

現在の投資に関するテクノロジーの進歩は、凄まじいものがあります。

「アルゴリズム」、「超高速取引」、「人工知能」、「ビッグデータ」、「ディープラーニング」など、このような言葉が毎日のように、新聞紙上を賑わせています。

トレードのシステム化、自動化、高速化によって、経験と勘に頼っていた、数多くの証券ディーラーは職を追われているのが現状です。

そのような時代では、もはや・・・

“古臭い投資手法や技術”に、勝ち目はないのです!

あなたが将来、投資家として生き残りたいと、心の底から思うのであれば、
今のうちに、最低限のプログラミング技術を習得すべきです。

そのスキルや知識は、必ずあなたを助けることになると思いますから・・・。

紫垣英昭サイン
下山俊輔サイン

 株の自動売買に今すぐ参加する

 クレジットカード画像

決済完了後、自動返信メールにて、会員様専用のID、PWをお送りいたします。
迷惑メールフォルダに入る可能性がございますのでご確認お願いします。

【投資に係わるリスク及び手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

  • ※「トレードステーション」を使うには、マネックス証券に口座開設が必要です。すでに口座を持っている方は、ソフトをダウンロードしていただければOKです。なおソフトはウィンドウズのみの対応で、Macでは動作しません。
  • ※僕たちは「トレードステーション」のすべての機能について把握しているものではありません。よって「トレードステーション」本体の利用方法については、「トレードステーション」のマニュアルを読んでいただくか、マネックス証券のカスタマーサポートにお問い合わせください。弊社では「トレードステーション」の使用方法についてのサポートは行いません。
  • ※よくある「儲かりそうな自動売買のシステム」を販売するものではありません。
    僕たちは、あなたが自動売買を成功させるために、数多くの検証結果から得た、投資戦略のアイデア、ノウハウ、プログラミング技術を提供するのであって、あくまでも銘柄選択や投資戦略を作るのはあなたです。

【特定商取引法に基づく表記】

≪販売社名≫ オープンエデュケーション株式会社
≪運営統括責任者≫ 紫垣 英昭
≪所在地≫ 〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
≪電話番号≫ 06-4256-7152(お問い合わせは、メールにてお願いします。)
≪メールアドレス≫ autotrade@toushi-ryugi.jp
・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。
※このメールアドレスに対する広告メールの配信を拒否します。
≪販売URL≫ http://www.toushi-ryugi.jp/automate/index.html
≪お支払い方法≫ クレジットカード決済、銀行振込決済のいずれかからお選びいただけます。
≪販売価格≫ 42,000円 (税込:45,360円)
その他の代金 通常、クレジット決済手数料、振込み手数料がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。
販売数量 特に制限はありません。
商品引渡し方法 代金決済完了後、会員専用のID,パスワードを電子メールでお送りします。
返品・返金・交換について 原則として、お客様都合による返品・返金につきましては、商品の特性上お受けいたしておりません。
データ破損、商品に欠陥がある場合は、お取替えいたします。
表現及び表記に関する注意書き 「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」
個人情報について お客様の個人情報は、弊社で厳重に管理させていただき第三者に提供するということはありません。ただし、法律により請求された場合や弊社の権利や財産等を保護する場合などには、提供する可能性がございます。
投資に係るリスクおよび手数料について 当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

■お問い合わせ

購入前のお問い合わせ等につきましては、以下のメールアドレスよりご連絡ください。
autotrade@toushi-ryugi.jp

■個人情報保護方針

1.個人情報保護方針の理念
本個人情報保護方針は、当社の個人情報保護への取組みについて明確化し、社内外にそれを知っていただくことを目的としています。
当社は、個人情報の適切な取扱いを確実に実践するため、本個人情報保護方針の理解と遵守を全従業員に徹底します。
以下に個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な保護に努めることをここに宣言します。
2.個人情報の取得、利用及び提供について
当社は、事業である情報システムサービス業務及び採用関係や従業員管理において、適法かつ適正な方法で個人情報を取扱います。個人情報の取得・利用又は提供を行う場合は、その利用目的を明確にし、お客様や採用応募者及び従業員(以下、「ご本人」という)の同意を得て行い、目的外利用はしません。
(1)個人情報の取得について
当社は、個人情報を取得する際、ご本人に対し利用目的を明確に定めて通知又は公表し、その目的の達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。また、ご本人より直接書面によって個人情報を取得する場合は、通知文を作成し、ご本人の同意を得るものとします。
(2)個人情報の利用について
当社は、個人情報の利用の際、ご本人より同意を得た利用目的の範囲内で行います。目的外利用の必要性が生じた場合は、法令により許される場合を除き、その利用について、ご本人の同意をいただくものとします。
(3)個人情報の外部委託について
当社は、ご本人に明示した利用目的の範囲内で、個人情報を取り扱う業務を外部委託する場合があります。委託先に対しては、契約書等で個人情報の取扱いに関する事項を定め、個人情報の安全管理について必要かつ適切な監督を行います。
(4)個人情報の第三者提供の制限について
当社は、ご本人の個人情報を以下のいずれかの場合を除き、第三者に提供しません。
・ご本人の同意を得ている場合
・法令により必要と判断された場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
(5)個人情報の開示・訂正・利用停止等について
当社は、法令に基づき、ご本人からの個人情報の開示、利用目的の通知、個人情報の内容が事実に反する場合等における開示・訂正・利用停止等及び第三者提供の停止(以下「開示等」という。)のご請求がある場合には、適切かつ合理的な期間、範囲内で対応します。開示等のご請求の具体的な手続きにつきましては、「個人情報のご相談窓口」を設置し、対応します。 なお、当該ご請求のうち、開示のご請求及び利用目的の通知のご請求につきましては、当社所定の手数料をご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。