先着 “100名” の方限定!
第4期 投資戦略会議の募集を行います!

お申し込みは締め切りました。

なぜ投資戦略会議に参加したメンバーは、たった1ヶ月で200万円以上の利益を上げることができたのか?第4期投資戦略の仲間を100名だけ募集いたします!

あなたは、信じないかもしれないが・・・ 第3期投資戦略会議
勉強会参会者のなんと!
“84%” がプラス計上という
とんでもない結果になりました!
これからその “証拠映像” をお見せいたします!

いかがでしたでしょうか?

このような「投資ノウハウのセミナー、スクール」は、さまざまなところで行われていますが、これほどまでに結果を残しているものは、なかなか見当たらないのではないでしょうか?

実際に投資戦略会議に参加したメンバーさんからは・・・

「20数万円支払って、評判の良い投資塾に入りましたが、
教えられた通りにやってみたものの、
ぜんぜんダメで大損して破産しかけました。
でも投資戦略会議でその大半を取り返すことができました!」

というお話を直接、懇親会の席で伺っています。

これまでまったく結果を出せなかった方たちは、先ほどの動画でご紹介したように、目覚しい結果を残してくれました。

以下、ご紹介します。

仲間の “約1か月間の利益” は以下の通り

・石黒さん: プラス 250万円
・磐田さん: プラス 205万円
・桝本さん: プラス 284万円
・伊藤さん: プラス 211万円
・坂田さん: プラス 61万7000円
・大木さん: プラス 60万円
・小本さん: プラス 26万
・前田さん: 2週間でプラス 43万円、勝率65%
・辰本さん: -774円

「これまで損ばかりだったが、
 投資戦略会議に入り、損をしにくくなった。」

他、多数の参加者が
これまでとは違う大きな成果を
手にされています!

利益確定:97万8399円

セミナー画像

利益確定:36万2967円

セミナー画像

利益確定:42万3233円

セミナー画像

利益確定:24万3273円

セミナー画像

これらの結果はすべて、メンバーのアンケートに基づいて、許可を得たものだけをご紹介していますが、
これほどに“劇的”に収益が向上したことに、本当に驚かれていました。

第1~2期投資戦略会議では、参加者へのアンケートの結果、
6か月間をプラス収支で終えたメンバーは、全体の約21%という結果でした。

この数字自体、一般的に「投資ノウハウ」を教えているセミナーでは、かなり高い数字だということを周りからいわれていましたが、前回の投資戦略会議では、これを遥かに超える“84%”という驚異的な結果を得ていただいたのです。

今回の結果に一番驚いているのは、この僕なんですが・・。

いったいどんな売買をして、
これほどまでの成果を得たのか?

僕が行う「投資戦略会議」では、投資初心者でもすぐに理解できる 2つの“超シンプル”な売買手法と、それぞれの銘柄に対して
収益性の高いテクニカル指標、パラメータ値、
エントリー、決済方法
など
すべての売買戦略を公開しています。

それが 「ドテン売買」 と 「レンジ売買」 といわれるものです。

「ドテン売買」とは、売りポジションと、買いポジションを“ひっくり返す”売買手法です。

仮に、買いポジションを持っていたとします。

しかし、株価が下落してきたために、買いポジションをすべて利益確定し、同時に“空売り”ポジションを持つ。
または逆に、空売りポジションをすべて利益確定すると同時に、買いポジションを持つ売買手法を「ドテン売買」といいます。

チャートで見るとこんな感じです。

セミナー画像

「レンジ売買」とは、一定のレンジ幅で動いているときに、レンジ下限で買い、レンジの上限で買いポジションを利益確定し、同時に空売りポジションを持ち、これを繰り返す売買手法です。

セミナー画像

後ほど触れますが、ただ単に移動平均線などのテクニカル指標を使えば良いということではありません。

いずれの場合であっても、銘柄ごとに“売買戦略”と、それに使用するテクニカル指標の設定値(パラメータ)を最適化しなければ想定している利益を実現するのは難しくなります。

銘柄ごとに、どの戦略が有効なのか? どの設定値が最適なのか? を突き止めることが極めて重要になります。

つまり「投資戦略会議」では、投資初心者でもすぐに理解できる
2つの“超シンプル”な売買手法を用いて詳細な売買テストに
合格した銘柄だけを売買していただくだけでOK!

また、それだけではありません。
僕たちは参加者さまとさまざまな「悩み」「希望」などの相談を受けてきました。

何百件という相談を受けていると、僕たちがやらなければならない“改善点” “改良点”が見えてきたのです。

改善、改良を繰り返し「どうすれば全員プラスで終えることができるのか・・・」ということを真剣に考えた結果、前回の投資戦略会議では、以下のような“新たな取り組み”を行いました。

このように、今まで行ってこなかった取組を前回の投資戦略会議から行うことで、
勉強会参加メンバーの「約“84%”がプラス計上」という成果に結びついたのです。

以下の図が、その取り組みを表したものです。

セミナー画像

株式投資を成功させるためには「資金管理」を中心に「売買のルール化」や「戦略」などの要素が絶対に必要だというのが僕の考えであり“信念”です。

よく「チャートだけ読めれば儲けられます!」なんていう人もいるようですが、それだけでは上手くいかないのは、あなたもお気付きだと思います。

誤解しないでほしいのですが「チャートがダメ」ということではありません。

僕自身、短期売買ではエントリー、決済の判断にチャートを使います。

重要なのは「資金管理」を中心に
「見ているテクニカル指標、チャートが本当に長期的に“収益”を生んでくれる戦略なのか?」
「その売買には“根拠”は存在するのか?」

事前に数理的検証を行う必要があるということなのです。

しかし現実には、使っているチャートノウハウが、本当に将来的に渡って利益を生んでくれるのかを確認する人はいません。

つまり一般個人投資家は、暗闇の中で成功確率、根拠の極めて乏しい“ギャンブル”的な売買を行っているに等しいのです。

「投資戦略会議」での僕の主張は、
「銘柄ごとに“最適化”された
テクニカル指標でないと意味がない」

ということです。

これこそが、投資戦略会議メンバーの
84%ものメンバーがプラスで終えることができた大きな要因だと考えています。

その “証拠”をこれからご覧いただきます。

もう、チャートギャンブルはやめませんか?

世の中には、数え切れない“トレードノウハウ”が紹介されています。

その多くは『“チャート”を使って、売買タイミングを掴みましょう』といった類のものであることは、あなたもご存知のはずです。

もっともポピュラーな売買手法としては「移動平均線」を使ったやり方でしょう。

ここで多くの投資家は間違いを犯します。

なにかというと、使っている移動平均線は、その銘柄に対して本当に利益を生むのかを確認しないことです。

つまり、使っているチャート分析手法は、
事前にテストや検証をしなければ、利益を生んでくれるかわからないということです。

では、具体的な事例で見ていきましょう。

以下の画像は、大成建設(1801)の検証を行ったものです。

赤枠の一番左の数字(4~20まで表示)が、移動平均線の日数で、右が損益状況です。
これをみると、4日から20日移動平均のどれを使っても マイナスという結果になりました。

セミナー画像

一般的には、「5日移動平均線」が良く使われていますが、それで「買い」「空売り」をしていくと、資金が底をつくという結果になりました。(下段の白い線)

セミナー画像

個人投資家に人気のある、ディー・エヌ・エー(2432)でも同様の検証を行ったところ、
やはり資金が底をつくという結果になりました。

4日から20日移動平均のどれを使ってもマイナスという結果です。

セミナー画像

同じように、「5日移動平均線」で「買い」「空売り」をしていくと、
資金が底をつくという結果になりました。(下段の白い線)

セミナー画像

これまで東証1部銘柄でTOPIX、JPX400など、日本を代表する約600銘柄以上を検証してきましたが、個人投資家が良く利用する「移動平均線」では、資金が底を付くことが多くなるということを、第3者的検証で得られた答えなのです。

「毎月、これだけ儲かります」とか、「ここで買って、ここで売るのです」とか、そんな話ばかり踊っていますが、客観的根拠が示されることは、ほとんどありません。

しかし多くの個人投資家は「根拠なき売買手法」を鵜呑みにしてしまい、お金を失っているのです。

上記、解説動画をご用意しています。ぜひご覧いただきたいと思います。(再生時間16分)

根拠が示されない手法は絶対にやるな!

自動車、コンピューター、その他多くの製品は、必ず数多くの“テスト”(動作確認、走行テスト等)を実施して販売します。

なぜならテストをしなければ、本当にその製品が正常に作動するかどうかわからないからです。

しかし不思議なことに、命の次に大切なお金を投じる株式投資において、やろうとしている売買手法が、将来お金を増やしてくれるかのテストを事前に行う人はほとんど見られません。

また、チャートを使った“トレードノウハウ”のセミナーでは、過去の株価データを使ってテスト、検証をする講師はほとんど見当たりません。

つまりその“根拠”すら示されず、「この手法は上手くいくんです!」という説明は、とても信用することはできません。

『根拠のない売買手法を信用してはいけません!』

過去のチャートを使えば、誰でも売買の判断はできます。
しかし“未来”の株価は、誰にもわかりません。

わからないからこそ、これからやろうとしているトレード手法が、本当に上手くいくのかどうかを事前に検証、テストしなくてはならないのです。

上手くいくか確認もせず、お金を投じるのは“ギャンブル”と同じです。

もちろんバックテストを行ったからといって、100%成功するとは限りません。

しかしながら、事前にバックテストを行った手法と、そうでない手法のどちらを選択するかといえば当然、
検証の結果、良好な銘柄を選択するのは当たり前なのです。

しかし僕たちにも“弱点”がありました・・

しかしいくら検証、バックテストを重ねたからと言って、すべてが上手くいくとは限りません。

実際にメンバーさんに使っていただくことで、僕たちが“強み”だと信じていたことが
実は“弱点”だったということがありました。

以下の銘柄は「ドテン売買」で優れた収益曲線を描いていた銘柄で非常に期待の持てる売買戦略でした。

しかしながら「移動平均線」の最適な設定値が「3」という低い数字だったため、以下のように日足で表示をさせたとき、どのローソク足にもかかることで、実際に売買がやりにくいというメンバーさまからのご意見をいただいていました。

セミナー画像

以下の銘柄は「レンジ売買」で優れた成績を持っていた銘柄ですが、先ほどの銘柄同様、ボリンジャーバンドの最適な設定値が低い数字だったため、エントリーや決済のタイミングをつかみにくいという弱点があったのです。

セミナー画像

これらの“弱点”をどのように克服すれば良いのかを、かなりの時間を割き、試行錯誤してきました。

そこで行ったことは・・・

  1. 1.小さい設定値のテクニカル指標だと、売買タイミングがつかみにくいという 弱点を誰でも目視で判断できるものだけを採用した。
  2. 2.上記について過去の「バックテスト」だけではなく「ウォーク・フォワード・テスト」を実施することで、
    より現実に近づけた。

その結果「ドテン売買:13銘柄」、「レンジ売買:5銘柄」に絞り込み、弱点を克服できると確信しています。

「ウォーク・フォワード・テスト」の考え方は以下の動画をご覧ください。(19分)

第4期投資戦略会議では、
弱点を克服し、さらにバージョンアップ!

以下の収益曲線は、これから始まる第4期投資戦略会議でお伝えする「バックテスト」と「ウォーク・フォワード・テスト」の良好な結果を残した3銘柄に対し、1銘柄100万円を投入して運用した結果の損益曲線です。

この検証では、約15年間で1億5000万円の収益が得られる可能性があるということです。

セミナー画像

もちろんあくまで「バックテスト」と「ウォーク・フォワード・テスト」という検証結果であり、これを保証するわけではありません。

しかしながら、実際に命の次に大切なお金を投じるわけですから、事前に数理的検証を行ってから投資をするのが極めて重要なのではないでしょうか?

長期間に渡ってちゃんと利益を生んでいるかどうかを、瞬時にあなたの目で確認することができるようになるので、変なトレード手法にダマされることもなくなるはずです。

あと、もうひとつ
投資戦略会議の戦略銘柄のひとつに
強烈にパフォーマンスの良い銘柄があります。

この銘柄は、過去15年間の検証で168回の売買(月間11回)の“勝率”なんと!

74.40%と、とんでもない結果を叩き出しています。

セミナー画像

しかも過去の検証で“何月に収益が上がりやすいのか?”というのが一発でわかります。

セミナー画像

現在、この銘柄でさらに収益率を高めるための検証を行っています。
僕の実際の取引をメンバーと共有しながら、より有効な売買手法を考えていきたいと思います。

過去1-2期、参加メンバーの声(抜粋)

過去、投資戦略会議に参加されたメンバーさまが、株式投資でどのようなことに悩み、それをどう改善し成果を出しているのかをご紹介したいと思います。

以下は第2期から参加してくれているメンバーさまの結果です。

元金100万円スタートで、31万7003円なので、収益率は30%を超えています。

セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像

投資戦略会議ではフォローアップのために
「スカイプコンサル」を行っていましたが
そのとき、お願いしていただいた売買履歴です。

西田さま/世田谷区・会社員

(スカイプ相談内容)

  • なかなか、損切りができない
  • エントリーのタイミングがバラバラ

(改善策)

  • 売買ルールが明確になったので、自信を持って売買ができるようになった。
  • 損失額が一気に少なくなり、利益が得られるようになった。

これはすごい! 2か月で、76万5777円の利益です。

セミナー画像

武井さま/大阪市北区・無職

(スカイプ相談内容)

  • つい欲をかいてしまい、プラスからマイナスになってしまう
  • 自分の売買ルールをしっかり持ちたい

(改善策)

  • 利益確定を早めにしてみたら、利益額が増えてきた。
  • デイトレードでも早めの利益確定で上手くいくようになった。

4日間で、15万1392円の利益

セミナー画像

デイトレードで、13万9745円の利益

セミナー画像

新川さま/横浜市・会社員

(スカイプ相談内容)

  • 上がりそうだと思った銘柄を次々に買ってしまい銘柄数が増えて、含み損が増える
  • 毎月、マイナスになり、どうしたらいいのかわからない

(改善策)

  • 同時に持つ銘柄を3銘柄まで絞り込むことで、損失額が減り、利益が増えた。
  • 含み益を確実に利益にすることを繰り返し、4ヶ月で約73万円の利益を獲得できた。かなり自分の売買に自信がついた。

合計73万1565円の利益

セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像
セミナー画像

このように、投資戦略会議のボードメンバーさまは、良好な結果を実現されています。

「改善」「バージョンアップ」された
第4期投資戦略会議の内容をご覧ください

ではいよいよ「第4期 投資戦略会議」の詳しい内容についてお伝えしていきたいと思います。

何度もお伝えしたように、今回の投資戦略会議では、徹底して稼ぐことを目的に、
あなたが迷うことなく、安全に安心して取り組めるように、大幅に「改善」「バージョンアップ」を行いました。

現時点では、最高峰の投資ノウハウを提供できるものと自負しています。

では具体的な説明を行ってまいります。

1.誰でもできる2つの “超シンプルな売買手法” を提案

第1の売買ルールである「ドテン売買」、第2の売買ルールである「レンジ売買」という“超シンプル”な売買手法を提案させていただきます。

テクニカル指標の設定値、銘柄に対する有効な戦略は、すべて検証済みです。

1.ドテン売買:移動平均を最適化した売買手法

セミナー画像

2.レンジ売買:ボリンジャーバンドと「利益確定」の位置を最適化した手法

セミナー画像

2.今回は、約600銘柄以上を検証し、
さらに最適化を行いました

第4期投資戦略会議では、約600銘柄に対して、売買の検証を行い、“最適化”された数値(パラメータ)を導きました。

しかもそれだけではなく、未来、実際の売買の精度を高めるために“ウォーク・フォワード・テスト”を実施することで、収益のバラツキを最大限に抑え込み、現実に限りなく即した売買が可能になります。

セミナー画像

3.2018年専用の「銘柄リスト」を作成

売買のしやすさを最優先した、「ウォーク・フォワード・テスト」済みの「銘柄リスト」をご用意しました。

・ドテン:13銘柄
・レンジ:5銘柄

今回の「銘柄リスト」の上位3銘柄に、100万円ずつ投資をした場合の検証結果が以下のグラフです。
15年間で300万円が、約1億5000万円に増えたとの検証結果が得られました。

セミナー画像

4.弊社オリジナルのプログラムを導入して、
売買サインを“一発判定”

前回の投資戦略会議から、マネックス証券が提供している「トレードステーション」に内蔵されている、 「レーダースクリーン」という機能を使い、弊社オリジナルの「エントリーサイン」、「利益確定サイン」“全自動で1発判定”させることに成功しました。

あくまで株価チャートでの「目視」で十分判断可能ですが、この“全自動”での売買サイン機能を使うことで、より売買に自信が持てるようになると思います。

それと、「前に見ていた銘柄が気付いたら、すごく上がっている!」なんてことはありませんか?
これってものすごい「機会損失」ですね。
こういった「機会損失」を防ぐためにも、この弊社オリジナルプログラムを使っていただきたいと思います。

このプログラムは弊社のオリジナルですので、投資戦略会議のみで公開しています。
インストール方法、活用方法は、投資戦略会議の勉強会の中でお伝えします。

セミナー画像

5.どの銘柄が、何月に収益化しやすいかが一発でわかる

弊社のオリジナル・プログラムをシステムにインストールすることで、「ドテン:13銘柄」、
「レンジ:5銘柄」が過去の検証で何月に収益化しやすいかが“一発”で判定できます。
これを事前に知ることで、より収益を上げやすくなり、ムダな損失を排除することができます。

セミナー画像

ちなみにこのグラフは、投資戦略会議のメンバーさんからシェアしてもらいました。

6.「相場の福の神」こと、藤本誠之氏も前期に続き参戦!

さらに、あなたの収益を最大化させるための仕掛けとして、「東京勉強会」では、日経CNBC,テレビ東京WBSなどでおなじみ、“相場の福の神”こと、証券シニアアナリストの藤本誠之氏に講演をお願いしています。

毎月20社近くの企業に訪問、リサーチしている藤本氏から見た、光る企業のご紹介をいただく予定になっています。

※スケジュールは事前に抑えていますが、藤本氏の都合で日程を変更する可能性があります。
また講演内容は映像でもご覧いただけるようにいたします。

セミナー画像
セミナー画像

ちなみに、前期投資戦略会議では、「日進工具(6157)」が、3ヶ月で1.5倍に・・・

セミナー画像

「一家ダイニング(9266)」が、2週間で約2倍、という結果になりました。

セミナー画像

7.技術が加速度的に身に付く“トレードPDCAノート”

前回参加のメンバーさまで、「トレードノートを付け始めて成績が良くなった」というお声をいただいたのをきっかけに、今回の投資戦略会議から“トレードPDCAノート”を勉強会のときにメンバーと共有したいと考えています。

トレードノートを付けることで、トレード技術は加速度的に引き上がります!
問題は「どんなノートにすれば良いのか?」ということ。

そこで今回考案した、トレード技術が一気に身に付く、
「トレードPDCAノート」をダウンロードできるようにいたします。

使用方法については、勉強会のときに行いたいと思います。

8.売買技術向上のための「ライブ中継」を実施

今回の投資戦略会議でお伝えする売買技術を、いち早くあなたのものにしていただくため、不定期ですが「ライブ中継」を予定しています。

ライブ中継では視聴者の売買技術に関する質問にお答えしていきたいと思います。

※個別銘柄の売買判断にはお答えできません。

セミナー画像

9.大阪、東京交互に投資戦略会議、勉強会を行います。

前期は、勉強会参加者の約84%が半年後プラス収支で終了したことは何度もお伝えしたとおりです。
それくらい投資戦略会議、勉強会は参加者にとって非常に価値の高い内容になっています。

セミナー画像

もちろん、プログラマーの下山君はすべての勉強会に参加しますので、システムで分らないことは、その場で解決させていただきます。
また6月、7月東京勉強会は、藤本氏の講演を予定しています。

勉強会後には、懇親会を行います。
もちろん、特別講師の下山君、藤本さんも参加予定です。
※懇親会費用は、別途実費負担です。

10.遠方の方でも、メンバー専用サイトで、あなたのペースで学べます

できる限り、投資戦略会議、勉強会には参加していただきたいのですが、時間や地域の問題で参加できない方もいらっしゃることと思います。

そのような方のために投資戦略会議ではメンバー専用ページをご用意しています。
メンバーページでは、セミナー、勉強会、特別講師など、すべての映像、コンテンツをご覧いただけます。

「なかなか時間がなくてセミナーに行けない」
「どうしても都合が合わないので参加できない」

という方は、ご自宅で、ご自身のペースで売買スキルをアップすることができるように設計されていますので、自宅で学びたいという方も遠慮なく参加してください。

メンバーページへのアクセスキーは、申し込み完了後、メールでお送りします。

セミナー画像

11.メンバー専用のホットラインを開設します

実際に売買をしていると、いろんな問題に遭遇します。

「思ったように株価が動かない」
「自分の考えは、本当に大丈夫なのか?」
「いまひとつ成果が出ないので、アドバイスが欲しい」・・・

このような状況を改善できるように、「メンバー専用ホットライン」を開設します。
スカイプ、電話などで緊急の用件に対処させていただきます。
特に制限は設けませんので、何か問題が発生したときは、いつでも私(紫垣)に連絡ください!

セミナー画像

(注意)
あくまでも「投資戦略」でお伝えした売買戦略に関する相談のみ受け付けます。
個別の銘柄の売買判断についてのアドバイスは行えません。

12.メールサポートは、6ヶ月間行います

これまで通り、6ヶ月間のメールサポートを行います。
また定期的にアンケート、イベントの告知など行う予定です。
いつでもメールサポートをご利用ください。

セミナー画像

13.メンバー専用のFBグループ開設

これまで同様、投資戦略会議メンバー専用のフェイスブックグループを開設したいと思います。
勉強会、イベント、食事会の案内などの連絡手段として、メールと併用して使います。

またメンバーさまの成果報告などを積極的に投稿していただきたいと思います。
ぜひ、ボードメンバーのリーダーを目指していただきたいと思います。

セミナー画像

一緒にトレードする仲間を
“100名”だけ募集します!

今回の投資戦略会議の内容はいかがでしたでしょうか。

今まで以上にパワーアップさせ、普通では得られない内容を、あなたと一緒になってやり遂げるのが今回の一番の目的です。

そこで、今回の投資戦略会議は、極めて“秘匿性”の高い内容を含んでいるため、参加人数を限定し、

“先着100名限定”

とさせていただきます。

100名のお申込みがあった段階で予告なく募集は閉め切りますので、宜しくお願いします。

第4期投資戦略会議 スケジュール

以下、第4期投資戦略会議のセミナー、勉強会のスケジュールをお伝えします。

日程 セミナー名 時間 開催地
2018年04月14日(土) 大阪戦略会議 13:00-16:30 大阪市内
2018年04月22日(日) 東京戦略会議 13:00-16:30 東京都内
2018年05月19日(土) 大阪勉強会 13:00-16:30 大阪市内
2018年06月03日(日) 東京勉強会 13:00-16:30 東京都内
2018年07月08日(日) 東京勉強会 13:00-16:30 東京都内
2018年08月25日(土) 大阪勉強会 13:00-16:30 大阪市内
2018年09月08日(土) 東京勉強会 13:00-16:30 東京都内
2018年09月15日(土) 大阪勉強会 13:00-16:30 大阪市内
2018年10月14日(日) までメール、個別フォロー

※それぞれの会場で17:00から懇親会(実費)を行います。
※藤本氏の講演予定は、6月3日、7月8日東京で行います。
※各会場、撮影を行いますので、戦略会議、勉強会に参加できなくても映像でご覧いただけます。

第4期 投資戦略会議の参加費用

それでは、第4期投資戦略会議の参加費用をご案内します。

新規で投資戦略会議に参加される方は、

1か月あたり 2万5000円 15万円(税込:16万2000円
クレジット払いなら 3回払いOK(1ヶ月あたり 5万4000円)

でご参加いただけます。

参加希望の方は、以下「同意する」にチェックをしていただき、手続きを行ってください。

※弊社では、金融商品取引法を順守しています。したがって個別銘柄の売買判断を提供するものではありません。また、利益の保証をするものでもありません。すべての売買判断はお客様に委ねられます。弊社は、いかなる損失について一切、責任を負いません。

初めて投資戦略会議に参加する方は、
下記よりお申し込みください。

お申し込みは締め切りました。

第4期投資戦略会議の内容のまとめ

では、第4期投資戦略会議の内容をまとめたいと思います。

  • 誰でもできる“超シンプルな売買手法”をお伝えします。
  • 600銘柄以上をバックテストし、さらに最適化を行いました。
  • 今年専用の「銘柄リスト」と売買戦略手法をお伝えします。
  • システムを使って「売買サイン」を一発で表示させるソフトの使い方を伝授します。これでエントリーに迷うことはなくなります。
  • 投資戦略専用のプログラムコードをお渡しします。
  • 過去データで、どの銘柄が何月に上がりやすいのかがグラフで一発判定できます。
  • 東京、大阪交互に、月1回の勉強会を行いますので、加速度的に技術が身に付きます。
  • 「東京勉強会」では藤本氏を特別講師として招き、企業リサーチについて講演いただきます。
  • 「セミナー」、「勉強会」終了後、懇親会を行います。
  • 技術が加速度的に身に付く“トレードPDCAノート”をお渡しします。
  • メンバー専用サイトで、いつでもどこでも、あなたのペースで学ぶことができます。
  • メンバー専用のホットラインを開設し、いつでもあなたの問題解消のお手伝いをいたします。
  • 6ヶ月間、メールでのサポートも行います。
  • メンバー専用のFBグループを開設しますので、どんどん結果報告をしてください。

普通では、有り得ないくらい“盛りだくさん”のメニューですので、ぜひ参加いただきたいと思います。

以下の方の参加は、固くお断りします

以下のような方のご参加は、お互いにメリットがありませんので、投資戦略会議への参加を固くお断りします。

過去、他のメンバーさまから不正の通報をいただいたことがあります。
もし悪質と判断した場合は、法的措置に踏み切りますので、ご注意願います。

僕の責任

これまで僕は、投資戦略会議のメンバー全員に勝ち組にまわってもらうことを目標にやってきました。

なので、今期投資戦略会議も、「全員、勝ち組にまわってもらう」ことを、第一の目標に据え、取り組んでいきます。

ほぼ不可能な目標であることは、百も承知です。
でも“挑戦する価値”はあると思います。

しかし、人に教えることを生業とする以上、そこを目指すことは当然のことだと思うので、僕はあきらめるつもりはありません。

投資戦略会議では、単なる“ノウハウの押し付け”をするのではなく、参加者全員が独り立ちできるまで、しっかりとサポートすることであり、最終的にあなたには“より良い人生”を過ごしていただくことです。

それが僕に課せられた“責任”だと考えています。

もちろん、あなたにも努力していただかなくてはなりませんが、僕に課せられた責任を放棄することは、絶対にしないということはお約束します。

なので、ぜひ投資戦略会議に参加していただきたいと思います。

最後に・・・

運命の日は“今”

……かも知れません。

あなたが心から、現状を変えたいと思うのなら、

あなたが心から、家族の幸せを思うのなら、

そして何より、あなた自身の人生を生きたいと強く熱望するのであれば・・・

ぜひ、私たちとともに勝ち組になりましょう。

私たちはいつでも、あなたの“決断”を待っています。

紫垣英昭サイン

100名の定員になり次第、申込みを締め切ります。

参加希望の方は、以下「同意する」にチェックをしていただき、手続きを行ってください。

※弊社では、金融商品取引法を順守しています。したがって個別銘柄の売買判断を提供するものではありません。また、利益の保証をするものでもありません。すべての売買判断はお客様に委ねられます。弊社は、いかなる損失について一切、責任を負いません。

初めて投資戦略会議に参加する方は、
下記よりお申し込みください。

お申し込みは締め切りました。

特商法:http://www.toushi-ryugi.jp/lp/tokutei.html
プライバシーポリシー:http://www.toushi-ryugi.jp/lp/privacy.html